FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬢に気に入られる為に・・・

あまりサービスの良くない(文句の多い)嬢にあたった事がある。

それでも後々思い返せば、色々な意味で良い経験だったのだ。

良い成長を遂げさせてくれたので、憶えている体験の一つ。

今も営業しているのかどうか解らないが
場所は新大阪の出口から電話で誘導してもらい数分でたどり着くマンション。
風俗雑誌などに電話番号のみ載っていて地図など一切記載していないタイプの店。
まぁ、雑誌に載ってるので信用できるだろう。という思いで店を決めた。
もう10年以上前の話。

流石に10年以上前なので一部創作になるかもしれないです。(金額とか時間とか細かい部分は・・・)

まだバイクの駐輪がうるさく無く何処に止めていても駐禁など切られなかった時代。
新大阪の駅出口に行く為に電車でなく、バイクで向かい適当な所に路駐。
早速携帯から電話を入れる。
新大阪から、とあるマンションの一室の扉の前に誘導される。
たどり着いたが、どう見ても普通のマンションの普通の扉。
表札も看板も何も無い。が、電話で言われた部屋番号はここに間違いない。

まだこの時はこんな怪しい感じの店は初体験だったのでかなりドキドキしました。

部屋のチャイムを押すと、インターホンから
「どなたです?」
と、とても客を迎える店とは思えない対応。
「今さっき電話をした者ですが・・・」
中からガチャガチャと3個くらい開錠する音がしてドアが開けられる。
「いらっしゃいませ!!」
元気な声で、どこにでも居るような普通の兄ちゃんが出てきた。
中の様子は・・・・・・。
入ってすぐの廊下部分に机が置いてあり、その後ろに兄ちゃんの座る椅子。
その後ろは白いカーテンで仕切られて見えないようにしてある。

怪しい・・・

システムの詳しい説明ほとんど無しで、いきなり
「会員に登録してもらわないと遊べませんけど、大丈夫ですか?」
と言われる。
この時は、まだ独身だし、個人情報とかに煩くない時代だったというのもあり
登録とかに抵抗は無かったので了解の旨を伝える。
「あぁ、次回以降に繋げるためだけの物ですので、偽名でも何でも結構ですので}
なんじゃソレは?
先に牽制しておいて、会員を拒否ルような客に帰ってもらおうって訳かな?
「偽名でも結構ですが、登録した偽名とパスワードは忘れずに憶えてください」
登録を済ますと、システムの説明の前に次は
「今、案内できる子はこれだけです。で、こちらは今日は欠席している子ですが
憶えておいていただければ次回から電話で予約を入れてもらえます」
と、先に女の子の写真を並べられる。

本日案内可能で、まぁまぁ可愛い子が居たのでその嬢を指名する。
システムの説明や金額は完全に忘れてしまった。
店舗型ヘルスの5割り増しくらいの金額だったように思う。
時間は1時間より多く取ったように記憶している。
カーテンの奥に女性の声や数人居る気配がしたので、奥でプレイかと思っていたら
手書きの地図を見せられる。
今からこのマンションを出て、数百メートルほど南のマンションの○○号室に行って
この紙を渡してくれ。との事。
そこに女の子が居て、この紙を渡せばプレイ開始と言われる。
地図は他にも何枚かあったので、違う嬢ならまた別の所に行くように言われるのだろう。
風俗雑誌に載ってる店だし、行ったら誰も居なくて・・・なんて事は無いだろう。
と、思いながらもかなり不安になる。
兄ちゃんにお金を払って、何か書いてある(嬢に渡す)紙を貰う。

とりあえずバイクを走らせて言われた部屋に行き呼び鈴を押す。
ほぼ写真通りの嬢が出てきて一安心。
少し広めのワンルームマンション。中には嬢しか居ない。
部屋は少し築年数の経った感じ。
紙を渡して、嬢がプレイ時間などの確認をしてきてプレイ開始。

風呂が壊れているのでシャワーなしだと言われる。
えっ?私は良いとして、嬢はプレイ後に身体を洗わないのか?
いや、風俗嬢が洗えない部屋で良いのか?
と、思ったがこの後プレイして恐らく壊れてなどいなかったのだろうと思う。

服を脱いで横になるように言われ、横になると
電気を消される。それも全て。豆球すら点いていない。
厚手のカーテンの隙間から僅かに昼の明かりが漏れて入る程度のほぼ暗闇と化す。
人影程度は確認できる暗さなので、嬢が全裸になったことは解った。
が、細かいところはまったく見えない。
電気を点けて欲しいと願うが、聞き入れてくれない。
仕方なく暗いまま嬢に受身になってもらうべく、寝てもらう。
胸を触ると、触り方が雑だと言われる。
嬢に聞きながら、色々と触りパターンを変える。
クンニをすると、髭が中途半端に生えている部分が痛いので拒否される。

色々駄目だしを食らう。
しかも言い方がやさしくなく、かなりキツイ。
ちょっとでも気に入らないとそのプレイを中断される。

「怒らせて本番に及んだり、暴力を振るったりさせて、隣から怖い人が来るの?」
と思ってしまうくらい、仕事をしないのだ。
受身で文句ばかり言われたので、気が滅入ってきた。

抜いてもらうようにお願いすると
こっちのプレイに文句を言う資格が無いようなあまり上手くない尺が始まった。
すぐに、「疲れてきたから手でするね」と僅かな時間でギブアップ。
こっちは、もう何も言う気力も無い脱力状態。
でもせめて射精しないと大損したような気がするので
嬢の手コキに合わせて妄想を膨らませて何とか事を済ます。

部屋が真っ暗なまま、時間まで雑談。
雑談は別に悪い記憶は無いのだが、どんな事を話したのかはまったく憶えていない。
暗いため時計を見ることも出来ない。ベルが鳴って嬢が服を着て明かりを点ける。
「それじゃあ服を着てください」
結局嬢の裸は明かりの中で確認することは無かった。
服の上から見た感じや、暗闇で触った感じでは悪いスタイルでは無かったのだが・・・。

恐らく一緒にシャワーを浴びるのが嫌で壊れたことにしていたのだろう。
この嬢が、風呂の壊れた部屋に配置されて黙って従うとはとても思えない。

腕時計で確認すると、時間を短縮するようなことはしていなかった。
抜けた事と、時間通りだった事しか良いところが思い当たらない・・・。

写真で見た時に可愛いと思えた顔が、可愛く見えなくなっている。
これが女性は顔じゃなく心だと言うことなのだろうか?
実際に逆の経験もある。
性格が良いと思った子は顔も良く見えてくる。

二度と利用することはあるまい。
店の教育が出来ていないと言う事が解った時点で、地雷が多数存在している可能性が高いと思えるからだ。
雑誌で書いてあったプレイのほとんどをしてもらっておらず、受付のマンションに戻って文句の一つも言おうかと考えたが
二度と利用しないのだし、「勝手にリピーター減らして潰れておけ」と捨て台詞を吐いて家に帰った。

が、その後の話だ。
嬢に文句を言われた部分を気をつけて、他の店でプレイするようになった。
嫌われたり嫌がられる行為になるかもしれないなら自重した方が良いと考えるからだ。
身体へのアプローチがなかりソフトになり、労わるように触る。
爪はもちろん、髭もこれでもか!っていうくらい短くしていく。
今までは不潔にしない。という程度だったが、かなり身だしなみを整えてから
風俗に行くようになった。
(風俗のために)歯ブラシは携帯していたが、爪切りと髭剃りも携帯するようになった。

すると、店で私に対して嬢の受けが良くなった。
プレイ中に「アッ、入っちゃった!」と言ってスマタプレイ中にサービスしてくれたり
プレイ後に何か食べに行かないか誘われたり
プレイが始まってからの嬢の対応が良くなったのは実感できた。
誘われたりしたのは、当時まだ若かった所為もあるだろうが
若いだけでは誘われないだろう。と思うので、やはり気に入られる何かが身についたのだろう。
もちろん全員のサービスがそうなった訳ではなく、そういう事をしてくれた嬢も居た
という事なのだが、
それまでは嬢の仕事としてのサービスでその延長のサービスを感じるようなことは無かった。
向こうも百戦錬磨の職人なので、こちらが気を使って対応しているのが解ってくれるのだろう。

そこで冒頭に書いたことに戻る。
今思い返せば非常に良い人生経験だった。
後の別の嬢から受けているサービスを考えれば、安い授業料。
ただし、再度行く事は絶対に無いだろう。
適当に回っていればまた自然に地雷は踏むことになるだろうから、
あえて踏みに行く事もあるまい。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : ひとりごと
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。