FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今里新地

店舗名:匿名で・・・
ジャンル:旅館?(ちょんの間)
金額:13000円

行った月:2009年11月下旬

最近は、梅田のコスパラのオキニ嬢にはまり、時間と金の都合がつけば
突入しているため記事が書けません。 (諸事情により、コスパラの体験記は休止してます)
これでは、いけないかな?と思い
今里新地に突撃しました。

前回の新地レポートと同じく、夕方以降は時間が取れる事が確定していた日があり
前回は信太山を選択したので、やはり今里に行くべきだろう。

今里新地も信太山と同じく置屋タイプなので
どの店に入ろうが、呼べる嬢は同じ。
ただ呼ぶのは、やり手ババァであり客では無いため
好みのタイプを言っても来る嬢は宿によって変わる。が、それは博打で
色々なところに入ってみるしかない。
風俗レポートなどで、ヤバソウな店の名前を2~3店ほど憶えて、そこ以外なら
何処でも良いか。という程度で行くことに。

地下鉄で難波まで行き、近鉄に乗り換えて今里駅まで行く。
地図で見ると多少歩く距離は増えるが地下鉄も小路という駅からでも行けそうだが
生野区であまり道に迷いたくないので今里駅にしました。

線路沿いに難波方面に歩き、最初の信号を左折してしばらく行くと
「今里新地」と書いたゲート看板が見える。
これなら、小路からでも行けたかも?とも思うが
難波で降りて、近鉄に乗り換えるか
地下鉄で千日前線に乗り換えるかの差で
結局乗り換えるという手間は同じで料金だけの問題だしヨシとしよう。

今まで行った新地の中では、一番 辺りと同化している気がした。
飛田は「ちょんの間の集落」という感じで別格だが
滝井のような10軒ほどの構えの新地でも、新地の中に入れば
他の店は入り込めない、この線を越えたら新地ゾーンという雰囲気があった。
今里はその線が解りにくいような気がする。

どうせ顔見せがある訳じゃないしグルグル周る気もなかったので
ハズレの店名では無い事だけチェックして
最初に目に付いて、やり手ばばぁが声を掛けてきた店に入る。
「初めてでシステムとか知らないんやけど?」
(実は調べているのである程度は知っているのだが・・・)
「お金は30分13000円、どんな子が好きなの?」
「痩せていて、胸が小さい子が良い。お金は今払うの?」
「二階に上がってから払ってちょうだい。その前にそこの部屋で待っててくれる」
まず、1階の応接間のような所に通される。

1分もしない間に
「お兄ちゃん、2階に上がって」
と声がかかり、階段を上がり部屋に案内される。
部屋は6畳くらいの和室。
テレビと炬燵と暖房器具のファンヒーターが置いてある。
「それじゃあ、13000円です」
嬢じゃなくて、2階でババァに渡すのね・・・
「何、飲みます?」
何があるのか聞くと、何でもあるよ。と答えが返ってきた。
紅茶をウバかアッサムのストレートで!などと意地悪を言おうかと思ったが
「冷たいお茶をお願いします」
と、無難な飲み物を選択。

程なくして、おしぼりと、お茶とオカズが運ばれてくる。
オヤツの間違いではない。オカズである。
鉢におでんが! こんにゃく、だいこん、ちくわ、ごぼ天、厚揚げ
「よく味がしんでるよ(しみこんでるよ)」
確かに、だいこんを見ると焦げ茶色に染まっている。美味しそうだ。
今里は、出てくるものが他の新地よりも良いとは聞いていたがこれほどとは!

「30分くらい待ってもらう事になるけど良いかな?」
信太山で待ち時間なしで言ってたスタイルでない嬢が来た経験から
待たされる事で若干期待が膨らむ。
「全然かまいませんよ!」
金を既に払ってから待ち時間を言われるのは、帰らせない手なのかもしれない。
まぁ、今里は他の新地と違って時間に余裕を持って来るべきだと下調べは付けてあったので構わないのだが。

熱々のおでんを食べて、テレビを付けたり横になってウトウトしようとしたりして
数分時間が経った頃、部屋の電話が鳴った。
??俺か??
電話に出ると
「兄ちゃん30分待ってもらわなアカンねん。待ってくれるよなぁ?」
?、さっき待つって言ったのが伝わってなかったのか?
「構いませんよ」
「すまんなぁ」
で、そのあと待っていて、
30分のさらに30分で合計1時間待ちになっていたのだと解る。

個室で待っているため、まったりとして待てる。
1時間も、あまり気にならなかった。

嬢が登場!
顔は、私的には微妙。可愛い方なのだが好みでは無い。
スタイルは、太ってはいないが、痩せてるとは絶対に言えない。中肉中背?
あまり明るい感じでは無い。

お互い服を脱ぐ。
胸は小さい。少なくとも言った条件を叶えようとして選んだのだと思った。
布団やマットなどではなく、
座布団を2枚足したような敷物の上に毛布を掛け、枕を置く。
今までで、私の当初想像していた「ちょんの間」という物に一番近い。

毛布の上に座ると、ウエットティッシュにイソジンを含ませたもので
私の愚息が洗われる。
大した会話もなく、生尺開始。テクはまぁまぁ。
こちらも胸やお尻を触る。時々喘ぐのがそそる。
キスが非常に気持ちの良い、というか唇が柔らかい嬢だった。

体位を聞いてきたので、まず騎乗位で。
途中で起き上がり座位。バック、正常位と変更してフィニッシュ。

今里は初めて来たけど、おでんが出たりするんだね。
というようなことを話すと
結構珍しいらしいことが分った。
店によって、お茶だけってのもあるようだ。
今里だから”凄いお通し”だったという訳ではないということだ。

で、他の新地はこんな感じで~~という話をしていると
電話で呼び出しがかかり、嬢はトイレに(恐らく洗浄に)行き
帰ってきてから一緒に1階へ。

「長い事待ってもらってゴメンねぇ兄ちゃん。」
と、やり手ババァ。
私も下調べ無しで、新地という認識のみで来ていたら
1時間待ちは有り得ないくらいの長時間待機だったのだが
覚悟していたので許容範囲です。

飴ちゃん一つ貰えるかな?って言うと
一つなんて言わんと、沢山持って帰り!といってくれました。
一掴みポケットに入れて、今里新地を後にしました。

これで、大阪の新地のレポートは滝井・飛田・信太山・今里と
松島以外は一応終わった。
松島は数年前に経験済みなのだが、もう松島が無いなら兎も角
今も元気に営業しているので、再突入してレポートする予定。
最低でも来年の4月末には突入します(気の長い話ですが・・・)
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

テーマ : 風俗
ジャンル : アダルト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。